ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 各種助成金制度 > 助成金に関するお知らせ > 平成27年10月1日から「特定求職者雇用開発助成金」の支給要件が変更されました。【職業対策課】
各種法令・制度・手続き

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

事業主の皆さまへ 

平成27年10月1日から

「特定求職者雇用開発助成金」の

支給要件の一部が変更されました

今後ご利用をお考えの事業主の皆さまはご留意ください。

(変更内容)

平成27101日以降、対象労働者を雇入れる場合、助成金の対象となった労働者の離職割合が高い場合、新たな対象労働者の雇入れについてこの助成金を受けることはできません。

・特定就職困難者雇用開発助成金(以下の要件①または②のいずれかに該当する場合、)

・高年齢者雇用開発特別奨励金(以下の要件①に該当する場合、)

・被災者雇用開発助成金(以下の要件①に該当する場合、)

要件①>雇入れ1年後の離職割合が50%を超えていること。

 

<要件②>助成対象期間終了1年後の離職割合が50%を超えていること

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

特定求職者雇用開発助成金

高年齢者雇用開発特別奨励金・被災者雇用開発助成金

 

この記事に関するお問い合わせ先

宮城労働局職業安定部職業対策課 ℡:022-299-8063

 

 

インターネット こころの耳 localnavi_banner_bnr_check-roudou.png 予算執行状況

 

宮城労働局 〒983-8585 仙台市宮城野区鉄砲町1番地 仙台第4合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Miyagi Labor Bureau.All rights reserved.