宮城県の最低工賃                       

 最低工賃とは、「家内労働法」により委託者(企業)が家内労働者に支払う工賃の最低額を定めたものです。この最低工賃は業種によって決められており、宮城県の場合、男子服・婦人服製造業及び電気機械器具製造業の2業種が設定されています。

 

1 宮城県男子服・婦人服製造業最低工賃    効力発生日 平成22年5月9日

 適用対象者

 宮城県の区域内で、男子服製造業に係る背広上衣若しくはズボンのまとめの業務又は婦人服製造業に係るワンピース、ブレザー、コート、スカート若しくはスラックスのまとめの業務に従事する家内労働者

 

2 宮城県電気機械器具製造業最低工賃   効力発生日  平成23年6月9日

  適用対象者

  宮城県の区域内で、電気機械器具製造業に係る業務に従事する家内労働者

 

 

※宮城県横編ニット製造業最低工賃は、平成19年3月31日限りで廃止となりました。

 

   詳細については、こちらのPDFをご覧ください。[PDF]

 

ご不明な点は、宮城労働局労働基準部賃金室(022―299―8841)又は、最寄りの労働基準監督署にお問い合わせください。

 

  

  仙台労働基準監督署  022-299-9071    大河原労働基準監督署 0224-53-2154

  石巻労働基準監督署  0225-22-3365    瀬 峰労働基準監督署 0228-38-3131

  古川労働基準監督署  0229-22-2112                      

インターネット こころの耳 localnavi_banner_bnr_check-roudou.png 予算執行状況

 

宮城労働局 〒983-8585 仙台市宮城野区鉄砲町1番地 仙台第4合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Miyagi Labor Bureau.All rights reserved.