新卒者を募集するには

目 次(項目名をクリックしてください。)

●新卒者を募集するには
年間スケジュール
新規大学卒対象求人手続きの流れ
新規中卒・高卒対象求人手続きの流れ
新規中卒者・高卒者を募集する場合の求人活動のルール
応募前の職場見学の開催について

 

年間スケジュール
 求人を行う事業所の方は、的確な採用計画を立てられるとともに、ハローワークと事前に十分な相談を行い求人活動されるようお願いいたします。
 新規学卒者職業紹介業務年間スケジュールは下記のとおりです。

時期 中学 時期 高校 時期 大学等

 





3月1日

大学等求人受付開始

(土日の場合は、翌月曜日) 





6月20日

求人受付開始

(土日の場合は、翌月曜日) 

6月20日

求人受付開始

(土日の場合は、翌月曜日) 

 

6月1日

 

職業安定機関による求 人公開及び学校推薦開始
7月1日

求人票返戻開始

7月1日

求人票返戻開始


 



求人連絡開始


求人連絡開始


 


(求人活動開始)

 


(求人活動開始)

 

 

7月以降

職業相談開始







9月5日

推薦開始





9月16日

選考・採用内定開始







10月1日

採用内定開始

12月1日 推薦・選考・
内定開始 (注)




(注)中卒者の選考開始は12月1日以降となっていますが、この取扱いを受けるのは宮城のほか北海道、青森、岩手、秋田、山形、福島、新潟、富山、石川、福井の各県と長野、島根の一部地域(以上積雪地域)で、これらの県以外は1月1日以降となっています。

新規中卒・高卒対象求人手続きの流れ

  求人票を提出する際は、事務所の求人内容に精通 している方の来所をお願いします。

 

      中卒求人 ●                        ● 高卒求人 ●

        ↓                                ↓

   求人申込書【中卒】を                   初めて求人を提出する場合

   職種別に別葉で作成。                   は、あらかじめ事業所登録

   通勤と住込は同一用紙                   が、必要となります。

   に記入。                            最寄りのハローワークに

        ↓                           ご相談ください。

   黒ボールペンで記入。                         ↓

   (代表者印等は不要)                    求人申込書【高卒】

        ↓                           職種別に別葉で作成。

   6月20日以降受付開始。                 通勤と住込は同一用紙に記入。

 

  (土日の場合は、翌月曜日)                     ↓

   事業所を管轄するハローワーク              鉛筆で記入。

   へご提出ください。                      (代表者印等は不要)

        ↓                                 ↓

   ハローワークで内容等を                   6月20日以降受付開始。 

   確認の上、受理印を押印し                 (土日の場合は、翌月曜日)

   7月1日以降に控えをお返し                 事業所を管轄するハローワークへ

   します。                             ご提出ください。

                                          ↓

        ↓                            ハローワークで内容等を点検

   ハローワークから他の                    確認の上、受理印を押印し、

   ハローワークへの求人連絡                 7月1日以降に控えをお返しします。

   は7月1日以降、定期的に                       ↓

   行います。                            お返しした受付確認済求人票の

                                     控えの写しを作成。

                                          ↓

                                     求人先高等学校へ求人票の写しを

                                     送付。

                                     

 

  


新規中卒者・高卒者を募集する場合の求人活動のルール
1 求人活動のルール

 新規学校卒業者を対象とする求人活動については、学校教育面 での障害防止と生徒に適格な職業選択を行わせるため、過当な求人活動による弊害を未然に防止する必要があるとの観点に立ち、次のような求人活動に対する規制措置がとられておりますので、十分ご留意のうえ、公正な求人活動をなされるようお願いします。

(1)家庭訪問の禁止

 求人活動のために中学、高校在学生徒の家庭を訪問することは、全面的に禁止されています。

 

(2)学校訪問の規制

 求人者が求人活動のため、中学校、高等学校を訪問するには一定の規制があり、その規制内容は都道府県により異なりますので、事前に学校管轄安定所に問い合わせてください。
 本県の場合は次のとおりです。
 なお、訪問に当たっては、学校教育に支障をきたさないようできるだけ短時間で面接を終了するよう配慮願います。
1)中学校訪問

 事前に学校の了解を得た後、学校管轄安定所に訪問する旨の連絡を行った上で行うこと。
 訪問の際は、安定所で受理確認を受けた求人票の写しを提示すること。
 訪問期間は、7月1日以降とすること。
2)高等学校訪問
 事前に学校の了解を得た上で行うこと。
 訪問する場合は、安定所の求人受付において確認を受けた求人票の写しを持参するか、又は事前に添付しておくこと。
 訪問期間は、7月1日以降とすること。

 

(3)文書募集の規制

1)中学校卒業予定者を対象とした文書募集(新聞・出版物及びラジオ・テレビ等による募集)は一切できません。


2)高等学校卒業予定者を対象とした文書募集は、卒業年の前年の6月末日まではできません。7月以降これを行う場合は、次の条件を守ってください。
 イ 安定所へ申込みを行った求人であること。
 ロ 求人者管轄安定所名、求人番号を記載すること。
 ハ 求人票記載内容と異なる内容のものでないこと。
 ニ 応募の受付は、学校又は安定所を通じて行うこと。

 

(4)直接募集・委託募集について

 求人者が直接新規学校卒業者に働きかけて応募を勧誘したり、求人者に雇用されている者が求人者の指示により直接生徒に働きかけて応募を勧誘したりすること(これを直接応募といいます)は、生徒の適正な職業選択を阻害することになりますので、慎んでいただくようお願いします。
 また、求人者が使用者以外の者をして新規学卒者の募集を行うこと(これを委託募集といいます。)について安定所の許可を受けずに行うことは禁止されています。

 

(5)利益供与の禁止

 求人者またはその委託を受けた者が新規学卒者、その他の関係者に対し、金品または利便の供与を行うことにより、新規学卒者を対象とした求人活動を行うことは禁止されています。

 

(6)職場見学について

 安定所及び学校の了解を得ることなく、独自に生徒、保護者等を職場見学に招待することは禁止されています。

 

(7)縁故採用について

 安定所・学校又は許可をうけた職業紹介事業者の紹介によらないで新規学卒者を採用することについては、雇用条件等が不明確となりがちなために、就職後トラブルが生じることが多くみられますので、できるだけ安定所等に求人申込みをされるようお願いします。

 

(8)求人秩序を乱す行為に対する措置
 不公正な求人活動を把握した安定所は、これを行った求人者の名称、不公正な求人活動の概要等を求人者管轄安定所に通報します。

 指導に応じない求人者又は悪質な不公正求人活動を行った求人者に対しては、次年度新規学卒者を対象とする求人が申し込まれた場合は、求人票「特記事項」欄にその事実を記載します。

 

(9)個人情報の取扱いについて

 労働者の募集を行う者(以下「求人者」という。)は募集形態の如何を問わず、新規学校卒業者に係る募集採用活動に当たって、特に、次の事項に十分な注意を払わなければなりません。


1)個人情報の収集、保管及び使用

 求人者は、その業務の目的の範囲内で新規学校卒業者等の個人情報(以下「個人情報」という。)を収集することとし、次に掲げる個人情報を収集することはできません。ただし、特別な職業上の必要が存在することその他業務の目的の達成に必要不可欠であって、収集目的を示して本人から収集する場合はこの限りではありません。

(イ) 人種、民族、社会的身分、門地、出生地その他社会的差別の原因となる恐れのある事項
(ロ) 思想及び信条
(ハ) 労働組合への加入状況
 個人情報を収集する際には、本人から直接収集し、又は本人の同意の上で本人以外の者から収集する等適法かつ公正な手段によらなければなりません。

 個人情報の保管又は使用は、収集目的の範囲に限られます。ただし、他の保管若しくは使用の目的を示して本人の同意を得た場合又は他の法律に定めのある場合は、この限りではありません。

2)個人情報の適正な管理

 求人者は、その保管又は使用に係る個人情報に関し、次の事項に係る措置を講じるとともに、求職者等からの求めに応じ、当該措置の内容を説明しなければなりません。

 


(イ) 個人情報を目的に応じ必要な範囲において正確かつ最新のものに保つための措置
(ロ) 個人情報の紛失、破壊及び改ざんを防止するための措置
(ハ) 正当な権限を有しないものによる個人情報へのアクセスを防止するための措置
(ニ) 収集目的に照らして保管する必要が無くなった個人情報を破棄又は削除するための措置
 求人者が求職者等の秘密に該当する個人情報を知り得た場合には、当該個人情報が正当な理由なく他人に知られることの無いよう、厳重な管理を行わなければなりません。


応募前職場見学の実施について
 就職希望の生徒が事前に職業や職場への理解を深め、適切な職業選択や事前の理解不足による就職後の早期離職を防止するため、応募前の職場見学の実施について御協力をお願いいたします。

(1)実施の手続きについて

 求人票提出時、又は提出後に応募前職場見学実施予定表を安定所に提出して下さい。

(2)職場見学の実施日時等の連絡・周知について

 職場見学の学校、生徒への周知のため、応募前職場見学実施予定表を学校への求人申込みの際に求人票に添付して下さい。
 また、インターネットによる「高卒就職情報WEB提供サービス」(http://job.koukou.gakusei.go.jp/)に応募前職場見学情報として掲載し、高校の進路指導部に対して情報提供いたします。 

(3)職場見学への生徒の参加申し込みについて

 学校は、各生徒に対して職場見学の参加希望を確認し、希望生徒の職場見学への参加について事業所に対して所定の応募書類により依頼を行います。
 事業所においては、職場見学終了後、所定の書類により学校に対し報告をお願いします。 

(4)実施に当たっての留意事項

応募前の職場見学の開催に当たっては、職場見学が求人者の採用選考の場とならないよう次の事項について遵守をお願いいたします。

 

1.

学校及び生徒からの関係書類の提出について
学校及び生徒に対して、職場見学に係る依頼書以外の書類の提出は求めないでください。

 

2. 生徒との面談に当たっての留意点について
生徒との面談機会において、生徒本人の状況等を聴取する等採用選考類似の行為とならないようお願いします。

このページのトップに戻る

インターネット こころの耳 localnavi_banner_bnr_check-roudou.png 予算執行状況

 

宮城労働局 〒983-8585 仙台市宮城野区鉄砲町1番地 仙台第4合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Miyagi Labor Bureau.All rights reserved.