Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

送検事例 平成26年度 

 >> 平成23年度の送検事例はこちら

 >> 平成24年度の送検事例はこちら

 >> 平成25年度の送検事例はこちら

 >> 平成27年度の送検事例はこちら

 

 

      ◇事例1 賃金台帳未作成

       平成26年8月送検 (大河原労働基準監督署)

 

 内装業者を賃金台帳未作成の容疑で、仙台地方検察庁に書類送検した。

 

(事件の概要)

 労働者3名に対して、平成24年6月から平成25年2月までの賃金台帳を調製しなかった(この期間の賃金支払いがなかったり遅れたりした。)もの。

 

 

 

     ◇事例2 労働者死傷病報告書の提出義務違反(労災かくし)

       平成26年8月送検 (石巻労働基準監督署)

 

 土木工事業者を労働安全衛生法違反の容疑で、仙台地方検察庁に書類送検した。

 

 (事件の概要)

 平成24年9月に、気仙沼市内の道路改良工事の現場において、労働者が草刈作業中に左指を負傷し、休業4日以上の労働災害であったにもかかわらず、遅滞なく、労働者死傷病報告書を石巻労働基準監督署に提出しなかったもの。

 

 

 

     ◇事例3 賃金不払

       平成27年2月送検(大河原労働基準監督署) 

 

 塗装工事業者及び同社代表取締役を最低賃金法違反などの疑いで、仙台地方検察庁に書類送検した。

 

(事件の概要)

 労働者3名に対し、平成24年10月から平成25年12月分の賃金計約677万円と退職金計約240万円を支払わなかったもの。

 

      

 

     ◇事例4 労働安全衛生法違反

       平成27年3月送検(石巻労働基準監督署)  

 

 建設工事業者と現場代理人を労働安全衛生法違反の疑いで、仙台地方検察庁に書類送検した。

 

(事件の概要)

 平成26年3月に、石巻市内の下水道工事現場で、労働者が深さ約7メートルの縦坑の端部での作業中に、墜落し死亡する労働災害が発生したが、安全帯の使用などの転落防止措置を怠ったもの。

 

 

 

     ◇事例5 賃金不払

       平成27年3月送検(瀬峰労働基準監督署) 

 

 自動車整備業者を最低賃金法違反の疑いで、仙台地方検察庁に書類送検した。

 

(事件の概要)

 労働者12名に対し、平成26年1月から同年7月分の賃金計約990万円を支払わなかったもの。

 

 

 

宮城労働局 〒983-8585 仙台市宮城野区鉄砲町1番地 仙台第4合同庁舎

Copyright(c)2000-2017 Miyagi Labor Bureau.All rights reserved.