ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > ニュース&トピックス > トピックス > 2008年度 > 石綿健康管理手帳の交付対象業務の改正について
石綿健康管理手帳の交付対象業務の改正について
~平成21年4月1日より交付対象業務が追加されます~

宮城労働局


 労働安全衛生法施行令の改正により石綿業務に従事していた離職者を対象とした健康管理手帳の交付対象業務が平成21年4月1日より変わります。これにより石綿等の製造又は取扱いに伴い石綿の粉じんを発散する場所における業務歴のある方も健康管理手帳の交付の対象となります。

1 健康管理手帳とは

 石綿を製造し,又は取り扱う業務に従事していた方などについては,将来,肺がんや中皮腫などの健康被害が生じるおそれがあります。これらの疾病については,石綿にさらされてから発症までの期間が非常に長く,離職後に発症することが多いため,健康管理手帳制度を設けて離職後の健康管理を行っております。
 健康管理手帳の交付を受けると,労災病院をはじめとする,指定された医療機関で決まった時期に,健康診断を6ケ月に1回無料で受けることができます。

2 健康管理手帳の交付対象となる業務とは

代表例としては以下のような業務があり,次の2が新しく追加されました。
1  石綿等(石綿若しくは石綿をその重量の0.1%を超えて含有する製剤その他の物(以下「石綿等」という。)を製造し,又は取り扱う業務

(1)石綿等の製造作業
(2)石綿等が使用されている保温材,耐火被覆材等の張付け,補修若しくは除去の作業
(3)石綿等の吹付けの作業
(4)石綿等が吹き付けられた建築物,工作物等の解体,破砕等の作業
(5)上記以外の石綿等を取り扱う作業
2 石綿等を製造し,又は取り扱う業務の周辺業務

(1)石綿を製造し,又は取り扱う作業場内における上記の1以外の作業

3 健康管理手帳の交付要件とは

次の2が新しく追加されました。
業務 要件
1 石綿等を製造し,又は取り扱う業務

次のいずれかに該当すること。

(1) 両肺野に石綿による不整形陰影があり,又は石綿による胸膜肥厚があること。
(2) 石綿等の製造作業,石綿等が使用されている保温材,耐火被覆材等の張付け,補修若しくは除去の作業,石綿等の吹付けの作業又は石綿等が吹き付けられた建築物,工作物等の解体,破砕等の作業(吹き付けられた石綿等の除去の作業を含む。)に1年以上従事した経験を有し,かつ,初めて石綿等の粉じんにばく露した日から10年以上を経過していること。
(3) 石綿等を取り扱う作業(前号の作業を除く。)に10年以上従事した経験を有していること。
(4) 前2号に掲げる要件に準ずるものとして厚生労働大臣が定める要件に該当すること。
2 石綿等を製造し,又は取り扱う業務の周辺業務 両肺野に石綿による不整形陰影があり,又は石綿による胸膜肥厚があること

~石綿作業に従事していたかわからない方,心配されている方へ~
下記の厚生労働省ホームページをご参照ください。(http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/sekimen/roudousya2/index.html)

4 健康管理手帳の交付申請に必要なものは

 離職の際には事業場の所在地を管轄する都道府県労働局へ,離職の後は申請者の住所地の都道府県労働局へ次の申請書等を提出してください。労働局による審査後,交付対象業務,交付要件に該当する場合には手帳が交付されます。
次の様式第1号従事歴申告書(健康管理手帳交付申請書添付用),様式第3号従事歴証明書(事業者記載用)(石綿),様式第5号従事歴申立書(本人記載用)(石綿),様式第7号従事歴証明書(同僚記載用)(石綿)が改正されました。
(1) 健康管理手帳交付申請書
(2) 様式第1号従事歴申告書(健康管理手帳交付申請書添付用) :申請者本人が記載した業務歴
上記(1),(2)に加えて
(3) 様式第3号従事歴証明書(事業者記載用)(石綿)石綿に係る作業に従事していたこと及び従事期間について記載された事業者の証明書
(4)  事業者の証明書が得られない場合,または不十分な場合には,様式第5号従事歴申立書(本人記載用)(石綿)に加えて,石綿作業に従事していたこと及び従事期間について記載された2名以上の同僚者の様式第7号従事歴証明書(同僚記載用)(石綿)
(5)  事業者の証明書,同僚者の証明書ともに得られない場合,または不十分な場合には,申請者の申立書に加えて,事業場における石綿健康診断の本人への結果通知,社会保険の被保険者記録,給与明細,雇用保険に係る証明書を添付してください。
● 交付要件の1の(1)に該当する場合は,レントゲン写真・CT写真,じん肺健康診断結果証明書等も提出してください。

 

5 申請に当たっての注意事項

 健康管理手帳交付申請書,申請者本人が記載した業務歴,事業者の証明書,申請者の申立書,同僚者の証明書については所定の用紙を使用してください
必要に応じて,申請者,事業者,同僚者の方への聴取調査が行われることがあります。
 氏名,住所,電話番号等の個人情報は,健康診断の案内を通知するため,都道府県労働局より健康診断を実施する医療機関へ提供されることがありますのでご了承ください。
 申請時に提出された書類は,レントゲン等の写真を除き返却いたしかねますのでご了承ください。
申請に必要なもののうち,(1)及び(2)のみでの申請は認められません。
 健康管理手帳の詳細については宮城労働局(安全衛生課 電話022-299-8839)にお問い合わせください。

● 健康管理手帳の交付を受けられた方であっても,石綿による疾患(注)を発症し,労災請求した場合には,労働基準監督署において石綿ばく露作業従事歴等を調査の上,認定基準に基づいて業務上の疾病に該当するか否かを判断することとなります。
● なお,労災請求については最寄りの労働基準監督署にお問い合わせください。

(注)石綿による疾患:石綿肺,肺がん,中皮腫,良性石綿胸水,びまん性胸膜肥厚



このページのトップに戻る

インターネット こころの耳 localnavi_banner_bnr_check-roudou.png 予算執行状況

 

宮城労働局 〒983-8585 仙台市宮城野区鉄砲町1番地 仙台第4合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Miyagi Labor Bureau.All rights reserved.